体験予約 LINE予約

blog
ブログ

サウナやホットヨガは意味がない!?汗をかいても痩せない理由

サウナやホットヨガは意味がない!?汗をかいても痩せない理由

サウナや半身浴の後に体重がかなり減っていたという経験はありませんか?たくさん汗をかいて、体重も落ちて万々歳!痩せられた!と考える方もいるかもしれません。

しかし、本当の意味で痩せたとは言えない可能性が高いんです!今回はサウナやホットヨガで汗をかいてもなかなか痩せられない理由について解説していきます。

『汗をかく=痩せる』ではない

今までの経験上、汗をかくことを指標としてダイエットに励んでいる方は非常に多いと感じます。しかし汗をかくことで本当に痩せることができるのでしょうか。

まずは痩せるメカニズムと人が汗をかく理由から考察していきましょう。

痩せるとは

ダイエットをする時に大事になるのは摂取カロリーと消費カロリーの差を作ってあげることです。

一般的には食事管理運動によって、摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすことで体脂肪を減らすことができると考えられています。

運動をすると汗をかくことが多く、汗をかくことこそダイエットに効果的であると感じる人も多いかもしれません。

しかし、汗をかくことは消費量が増えている指標にならないかもしれません人がなぜ汗をかくのかを考えるとその理由がわかります。

人が汗をかく理由

人間の体は60%が水分でできていると言われています。水分は体にとってとても大切な成分で体内の水分が5%失われるだけで目眩や頭痛が起き、10%を失うと死に至る可能性があると言われています。

ではなぜそんなに大事な水分をわざわざ体外に出してしまうのでしょうか。それは汗を出すことを非常に大切だからです。

暑い時に汗をかくことからわかる通り、汗をかくことで人間は体温の調節を行なっています。特に汗には体温を下げる働きがあるんです。

水は気化する際に熱を奪う性質があるため、体表の温度を下げてくれるのです。ということは、体温を下げてくれるだけで脂肪燃焼はしていないということです。

汗をかいて減るのは〇〇

汗をかくことで脂肪燃焼はしない、ということは分かったかと思いますが、それでもお風呂上がりやサウナに入った後、体重が減っていることは多いと思います。

体重はなぜ減るのか?それは水分が減っているからです。体脂肪が減って痩せたわけではないので、一時的に体重が減ることはありますが、水分を補給することでまた元に戻ってしまいます。

これでは本当に痩せたとは言えません。そして、前述したとおり、水分不足の状態は非常に危険な状態ですので、長らく維持することは難しいでしょう。

それでは脂肪を燃焼してしっかりとダイエットを成功させるためには何を指標とすればいいのか、ここからは新しい指標について解説していきます。

脂肪燃焼の新たな指標

体温が上がれば汗をかきますが、体温が上がるだけでは脂肪が燃焼されることはありません。

脂肪燃焼はどのように起こるのかを考えながら新たな指標について解説していきます。

脂肪燃焼のメカニズム

脂肪燃焼のメカニズムを簡単に解説すると下記の3つの工程となります。

  1. エネルギー不足になると脳が『脂肪を燃焼しろ!』指令を出す
  2. 脳の指令に従いリパーゼという酵素が働き、脂肪がグリセロールと脂肪酸に分解される
  3. 脂肪酸が体の各部に運ばれてミトコンドリア内で酸素と結びつきエネルギーに変換される

脂肪は体の各部に非常用のエネルギーとして蓄えられています。脂肪をエネルギーとして使用する際にはまず、脂肪がリパーゼという分解酵素によって、グリセロールと脂肪酸に分解されます。

脂肪酸は筋肉のミトコンドリアというエネルギーを作っている場所で酸素と結びつきエネルギーとして使用されます。これが脂肪燃焼が起きている状態となります。

まずは脳からの指令が必要になるため、筋肉の中でエネルギーが必要な状態を作ってあげることが必要となります。

そのためやはり、運動量を高めることや食事制限を行うことでエネルギー不足の状態を作ることが最重要となります。

また、脂肪酸は酸素と結びついてエネルギーに変換されるため、酸素を取り込むことも必須となります。脂肪燃焼系のトレーニングが有酸素と呼ばれるのも納得ですね。

息が上がる運動は痩せる

脂肪燃焼のメカニズムで説明した通り、脂肪は最終的に酸素と結びつくことでエネルギーとして使われ燃焼されていきます。

エネルギー不足の状態であればより多くのエネルギーを作り出すために、より多くの酸素が必要になります。そのため、呼吸数が増え、息が上がっている状態は脂肪燃焼が活発に行われているということです。

真冬にランニングをしてもなかなか汗をかくことはできないかもしれませんが、息が上がっているのであればしっかりと脂肪がエネルギーとして燃焼されていると考えて良いでしょう。

ダイエットを成功させたい場合、汗をかく運動ではなく息が上がる運動を心がけることが大切になります。

まとめ

今回はサウナやホットヨガなどで汗をかいても痩せない理由について解説させていただきました!

痩せるためには汗をかくことよりも食事制限と運動によってエネルギー不足の状態を作ることが大切です。

また、呼吸が乱れているか、息が上がっているかということが脂肪燃焼の一つの指標として考えられます。

ダイエットを成功させたい方はできる限り息が上がるようなハードな運動をする様に心がけましょう!

最後まで見ていただきありがとうございました!

以上、CALORIE TRADE INAGEがお送りいたしました!

顧客満足度1位
稲毛区で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

杉山 将央
すぎやままさひろ

トータルセッション数

4,000回

今まで行ったパーソナル数。普通のトレーナーではありえない依頼、月240セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

300人

今まで担当させていただいたお客様の人数。フリー時代合わせ、約300人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。