体験予約 LINE予約

blog
ブログ

【男性版】夏が似合う超絶モテボディになる方法!

【男性版】夏が似合う超絶モテボディになる方法!

暖かくなるにつれてボディラインの出やすい服装が多くなりますよね。また、海やプールなど体を披露するような機会も多くなります。

実はパーソナルジム業界では入会者が一番多いのは夏ではなく5月と言われています。というのも皆さん夏に向けて!と考えるからです。

もちろん5月からでもいいですが、今のうちからしっかりと鍛える事で余裕を持って夏を迎えることができるでしょう!

ということで、今回は男性向けモテボディの作り方をご紹介したいと思います!

モテるためのポイント

モテるためには男性目線ではなく、女性目線で考える必要がありますよね。男性が考えるモテる基準がズレてしまっていることもあるので要注意です!

どうしたら女性にウケるモテボディを作れるのか解説していきます

女性が考える理想の体型とは?

引用元:Hatena Blog ケンサクの検索履歴(http://websearch666.hatenablog.com/entry/2016/07/19/022608

上のグラフは女性148人がどんな体型の男性をパートナーにしたいかという問いに答えたものです。

こちらを見てみると、スリム〜細マッチョ体型を好む女性がなんと約73%!4人いたら3人の女性がこの三つの体型を好んでいるという事です。

この結果から筋肉があるなしは別として太っている男性は敬遠されがちと考えられます。モテるためには『引き締まっている』ということが最低条件であることがわかります。

引用元:Hatena Blog ケンサクの検索履歴(http://websearch666.hatenablog.com/entry/2016/07/19/022608

また、上のグラフは先ほどとは反対にどんな体型の男性をパートナーにしたくないかを聞いたもの。こちらを見ると、先程とは逆に女性が敬遠しがちな体というのにガリガリが入ってきています。

先程と同じく太っている『デブ』が人気がないというのはなんとなくイメージがつきますが、痩せすぎている体というのは女性からするとカッコ良くは見えないようですね。

女性目線、難しいですね…太っているのはNG、かつ、細すぎよくないということは、程よく筋肉をつけて細すぎを回避することが必要になりますね。

先程の条件と合わせて考えると、女性にモテる体は引き締まっていて、程よく筋肉のある体であると考えられます。

やはり細マッチョが最強ということですね!ここからは細マッチョになるためにはどうしたらいいのかを考えていきましょう!

筋肉をつけるよりも大事なことは?

あなたが今現在ガリガリと言われるような体型でないのであれば、まずは痩せることをお勧めします。

というのも、先程のグラフでも分かる通り、まずは痩せるだけでもある程度女性の理想とする体に近づけるからです。

また、筋肉は脂肪の内側に位置しているため、太った状態で筋肉をつけたとしても見た目ではより太ったようにしか見えないんです!

いわゆるゴリマッチョ系やガタイの良い体型になってしまうということですね。力士の方などをみると明らかに一般の方と比べて筋肉は多いですが脂肪が周りについているため筋肉のラインが見えることはほとんどないですよね。

これでは女性不人気の『デブ体型と同じように見られてしまうかもしれません。

ちなみに…下の写真はどちらも私、代表の杉山です。どんな顔やねん!というのはひとまず置いておいてもらって…(苦笑)

常に筋トレを継続しているため、筋肉量には大きな差はないですが、体脂肪がある時と体脂肪がない時では見た目が大きく異なっていることがわかるかと思います。

左:オフシーズン(85キロ)
右:コンテスト1週間前(70キロ)

モテる筋肉を鍛えろ!

しっかりと引き締めることができたあなた!次は適度に筋肉をつけて今よりさらにモテる細マッチョになることを目指しましょう!

引用元:ジムちゃんねる(https://gym-channel.com/questionnaire-2/

上のグラフを見ると女性が考えるカッコいい筋肉は腕、背中、腹筋、胸の順であることがわかります。

プロのパーソナルトレーナー目線で、モテボディを最短最速で目指すために、各部を効率良く鍛えることのできる筋トレ種目をご紹介します!

  1. ベンチプレス(胸・二の腕)
  2. デッドリフト(背中)
  3. 懸垂(背中)
  4. バーベルカール(力こぶ)

1日で終えられるようにトレーニングボリュームを考え、今回は4種目を厳選させていただきました。

上記の種目を行うことで女性ウケの良い筋肉を効率よく鍛えることができます。月・水・金といったように日を空けて週に3回トレーニングを行うようにしてみましょう!

あれ?腹筋は?と思った方もご安心ください。全てのトレーニングをマシンではなくダンベルやバーベルなどのフリーウエイトで行うことでしっかりと腹筋も鍛えることができます

また、腹筋はとても小さな筋肉なので大きくなりにくい部位です。そのため、どちらかと言うと筋肉をつけるよりも、体脂肪を落とせているかが重要です。

筋トレを行いつつしっかりと食事制限も行い体脂肪を落としていきましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は男性版モテボディの作り方について解説させていただきました!

まだまだ夏までは時間があるので変わりたいという方は今すぐスタートしてみましょう!

最後まで見ていただきありがとうございました!

以上、CALORIE TRADE INAGEがお送りいたしました!

顧客満足度1位
稲毛区で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

杉山 将央
すぎやままさひろ

トータルセッション数

4,000回

今まで行ったパーソナル数。普通のトレーナーではありえない依頼、月240セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

300人

今まで担当させていただいたお客様の人数。フリー時代合わせ、約300人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。