BLOG

ブログ

稲毛区パーソナルジムが教える失敗しないプロテインの摂取方法

昨今、筋トレやダイエットにタンパク質の摂取が重要となるということは周知されつつあります。コンビニでも手軽に購入できるプロテイン飲料が登場していますよね。

ただ、残念なことにダイエットに効果的なプロテインを飲んでいるのに、全く体が変わらないどころかむしろ太ってしまったという声を耳にすることがあります。

プロテインは正しく使えばとてもいいダイエットアイテムですが、飲み方を間違っていると効果が出ない、むしろ逆効果なんてことも…

そこで今回はプロテインの正しい飲み方、摂取する際の注意点を解説させていただきます!

プロテインとは?

プロテインという言葉は浸透してきましたが、プロテインとは何かと問われると自信を持って説明できない方も多いのではないでしょうか。

日本ではプロテインというと水や牛乳にといて飲む粉末のことを指すことが多いですが、プロテインは英語でタンパク質を意味する言葉です。

プロテイン飲料のメリット、デメリットを理解するためにまずはタンパク質についておさらいしていきましょう。

タンパク質の働き

タンパク質はカロリーを含む三つの栄養素である『三大栄養素』の一つで、主に体を作る材料となる成分です。日々、爪や髪は伸びていきますが、そこにもタンパク質が材料として使われています。

タンパク質が不足してしまうと体が新しく生まれ変わることができず、どんどん劣化してしまいます。

人間は自身の体がボロボロになってしまうことを防ぐために、タンパク質が不足すると体の中に蓄えているタンパク質である筋肉を材料として使用します。

そのためタンパク質の摂取が不足すると筋肉量が減少してしまい、痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

そのため美容や健康のためでけでなく、ダイエットやボディメイクにもタンパク質の摂取が必須となると考えられています。

こちらのブログでタンパク質摂取のメリットについて詳しく解説しています→ダイエットに高タンパク食がおすすめな理由

プロテインシェイク

先述したとおり、日本で一般的にプロテインと呼ばれるものは粉末を液体に溶かしたプロテインシェイクですので、ここからはプロテイン=プロテインシェイクとして解説していこうと思います。

プロテインは必要な成分のみを抽出して作られているため、肉や魚、卵などとは異なり摂取カロリーを抑えつつタンパク質を摂取できるというメリットがあります。

また、一般的なプロテインは1食分(200〜300ml)でタンパク質が20g摂取できます。これはコンビニなどで売られているサラダチキンとほぼ同じタンパク質量となります。

朝起きてすぐのタイミングや短い休憩時間などにサラダチキンを1個食べ切るのはなかなか大変ですが、プロテインなら手軽に摂取することができます。

このように少食な方や忙しく時間がない方でも気軽に摂取できるということもプロテインのメリットとしてあげられます。

失敗するプロテインの飲み方

ここまではプロテイン摂取のメリットについて解説してきました。プロテインはしっかり正しい飲み方をすることで効果を発揮します。

逆に誤った摂取方法では悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあるので、下記にケース別の注意点を記載していきます。

プロテインを飲んで太ってしまった

ダイエットに良いと聞いてプロテインを摂取し始めたという方に多いのが逆に太ってしまったというケースです。

原因として考えられることは、今までの食生活を全く変えずにプロテインを追加して飲んでしまっているということです。

食事量が減っていないということはそこにプロテイン分のカロリーが追加され、総摂取カロリーは増えてしまいます。タンパク質はダイエットのために必要な栄養素ですが、もちろん0カロリーではないので摂取カロリーが増え、逆に太ってしまいます。

プロテインを摂取する場合はすでに摂取している間食と置き換えたり、食事中の糖質や脂質を減らすなど、1日の総摂取カロリーが増えてしまわないようにコントロールする必要があります。

プロテインを飲んでも筋肉がつかない

プロテインといえば筋肉やボディビルダーをイメージされる方も少なくないと思います。もちろんイメージ通りプロテインは筋肉の材料にはなりますが、飲むだけで筋肉がつく魔法の物質ではありません。

キリンの首が、高いところにある草を食べられるように長くなったのと同じように、筋肉をつけるためには、体に『筋肉が必要だ』と思わせる必要があります。

日常の負荷よりもさらに強く、筋肉が耐え難い負荷を加えることで脳は自分の体を守るために筋肉を増やそうとします。そのときに必要な材料であるプロテインをしっかり摂取することで筋肉がついていくのです。

プロテインを飲むだけでは材料があるだけで筋肉を増やす指示は出されていないため、すでに今の体を維持するのに十分なタンパク質を摂取できている場合、筋肉が増えることはないでしょう。

そのため筋肉をつけたいという方は、タンパク質の摂取も大切ですが、まずはしっかりとウェイトトレーニングをして筋肉に強い刺激を与えるようにしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はプロテインを摂取する際の注意点について解説させていただきました。

プロテインはダイエットをする際、非常に便利なアイテムとなりますが、最重要ではなく、あくまでもタンパク質の摂取を簡単にしてくれるだけのものと考えておくと良いでしょう。

ダイエットの成功には、消費カロリーをあげる摂取カロリーを抑えるということが一番重要となります。プロテインの摂取の有無にかかわらず、二つのポイントを常に意識して理想の体を手に入れましょう!

最後まで見ていただきありがとうございました!

以上、CALORIE TRADE INAGEがお送りいたしました!

顧客満足度1位
稲毛区で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

杉山 将央
すぎやままさひろ

トータルセッション数

4,000回

今まで行ったパーソナル数。普通のトレーナーではありえない依頼、月240セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

300人

今まで担当させていただいたお客様の人数。フリー時代合わせ、約300人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

稲毛区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

稲毛区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。