スクワットがダイエットにおすすめな理由

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

千葉市稲毛区のダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム【カロリートレードジャパン稲毛区店】トレーナーの林です!

ダイエットをするなら運動が効果的!というのは当たり前のことですが、どんな運動が効果的かを考えたことがありますか?

特に最近はパーソナルジムにダイエット目的で通う人もが増えていることからもわかりますが、筋トレがダイエットに有効であると考える人も増えていると思います。

その筋トレの中でも特にダイエット効果が高いと言われているスクワットについて今回は解説していこうと思います。

ダイエットの基本的な考え方

そもそも痩せるためになぜ運動や食事制限が必要なのかをしっかりと理解している人は少ないと感じます。

スクワットについて解説する前にまずはダイエットの基本的な考え方について説明していきます。

ダイエットは極論下記の式が成り立つ状態であれば成功すると考えられます。

消費カロリー>摂取カロリー、消費が摂取を上回っている場合、足りないエネルギーとしてからだに蓄えられたものが使われるため痩せていきます。

また、反対に摂取が上回っている場合は消費されなかった分が余ってしまい、体脂肪として蓄積され太ってしまいます。

今回はダイエットに重要となる消費カロリーに着目して考えていきます。

消費カロリーを増やすために

1日の消費カロリーは基礎代謝と運動量によって決まっていきます。

部活動などで運動量がほとんど同じ場合でも太っている人と痩せている人がいるのは人によって基礎代謝が異なるためです。

基礎代謝というのは安静時代謝とも言われ、何もせずとも生命を維持するために必要になるエネルギー消費となります。

運動量は読んで字の如くですが、どれだけ動いたかによって決定される消費となります。

どちらか一方ではなく基礎代謝、運動量どちらも高めることが消費カロリーを増やすために効率的と言えるでしょう。

スクワットがおすすめな理由

ダイエットの基本的な考え方がわかったところで本題に入りたいと思います。

なぜスクワットがダイエットにおすすめなのか、その理由は大きく分けて下記の2つが挙げられます。

  • 高い運動量
  • 筋肉量をアップしやすい

ここからはそれぞれについて解説していきます。

高い運動量

筋トレは有酸素運動よりも運動強度が高いため、運動量が高いことが多いです。

その筋トレの中でもスクワットは特に高重量を扱えるため運動量が高くなりやすいと言われています。

例えば腕のトレーニングであるバーベルカールの場合、女性では10キロで10回を行うだけでもかなり難易度が高いです。

しかし、スクワットであれば20キロで10回をほとんどの人が行うことができます。

また、レッグプレスなどのマシーンを使ったトレーニングの方が高重量を扱えると考える方もいるかと思います。

確かに重量はマシーンの方が重くできるかもしれませんが、フリーウエイトであるスクワットの方がバランスを取るために体の各部のいろいろな筋肉を使うため、運動量が高まりやすいと考えられます。

筋肉量をアップしやすい

消費カロリーを増やすためには基礎代謝を高めることも重要になります。

基礎代謝は個人差が多いと言われていますが、筋肉量が多ければ多いほど高くなると言われています。

そのため、トレーニングで筋肉量をアップさせることがダイエットにおいてとても重要となります。

そして、スクワットは筋肉量を増やすという点でとてもおすすめできる運動です。

スクワットは体の各部の筋肉を使うと先ほどは説明しましたが、主に刺激されるのは下半身の筋肉です。

人間の筋肉は体全体にありますが、同じ割合で分布しているわけではなく、股関節から膝関節にかけて、つまりお尻や太ももの筋肉だけで全身の50%の筋肉があると言われています。

そのため、腕の筋肉で1キロ増やすというのはかなり難しいですが、それを下半身で増やす方が難易度が格段に下がります。

もともと大きな筋肉である、太ももやお尻を主に刺激するスクワットは筋肉量を向上させやすく、基礎代謝を高めるためにおすすめの運動と言えます。

スクワットの注意点

スクワットに限らず、筋トレは正しいフォームで行わないと効果が弱まってしまうばかりか怪我をしてしまう可能性もあります。

スクワットのフォームで難しいことは人によって正しいフォームが異なるということです。

YouTubeなどの動画やネット、パーソナルで正しいフォームの基本を身につけつつ、自分に適したフォームを探していくことをおすすめします。

基本的には無理なくしゃがんで立ち上がれるフォームが理想的と言えます。

自分にあったフォームを見つけたいという方は、足の裏を全てつけてしゃがみ込んでみるという動作を脚の幅などを変えつつ行ってしゃがみやすいフォームを見つけていきましょう。

また、女性の場合は膝が内側に向いてしまうことが多いので、つま先と膝が同じ方向になるように注意して行うようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ダイエット法はいろいろなものがありますが、基本的な考え方についてはどんなダイエットでも同じです。

消費カロリーを高めるためにおすすめなスクワットをうまく取り入れてダイエットの成功率を高めていきましょう!

自分の体を変えたいという方は是非一度カロリートレードジャパン稲毛区店へお問い合わせください。

無料カウンセリングと体験トレーニングのお申し込みができますので、お早めにお問い合わせください。

無料カウンセリングお問い合わせフォーム

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です